健康診断をきっかけにウォーキングを始める

健康診断をきっかけにウォーキングを始める

行政から無料の健康診断の用紙が届き、私は娘を出産してか6年が経過していて、全く検査らしい検査をしていなかったので、病気は苦手でしたが勇気を出して行ってみることにしました。
と言うのも、芸能人をはじめ周囲の友達や知人にも、病気を患ったなど耳にするこの頃ですし、アラフォーに突入したということもあり、検査を受ける気持ちになったのです。
風邪を引くと受診する親子で通うホームドクターのいる病院で受けました。
まずは身長体重、ウエスト周り、血圧、心電図を測定しました。
低血圧の私は相変わらず血圧が低く、看護士さんはもう一度と二回測ったくらいです。
ドクターには上半身を聴診器で当ててもらい、様子を見てもらいましたが、第一声は「痩せすぎだ。
」と。
出産してから私は育児と家事と、夜勤を含む主人の生活リズムに合わせようと、少し体に無理を効かせていたようで、体重は出産前より5キロの減少で、血圧が低い状態であるのもこの体重減少も一理あるとのことでした。
急に太る事は無理だから、少しずつ筋肉をつけるように、今までしていなかった運動を勧められました。
私は早速、朝のウォーキングを始めました。
30分だけですが、雨や裄が降る以外は毎日歩いています。
30分で手足が温かくなり、一日のよいスタートが取れます。
一年後の健康診断ではこのウォーキングのおかげで血圧が上昇しましたし、ドクターからも顔を見るなり血色が良くなったと言われました。
これからも出来る限り、このウォーキングを続けて行きたいと思います。