運動と食事管理という基本的な事が最強の方法と知る

運動と食事管理という基本的な事が最強の方法と知る

10年以上前から肥満の傾向にあった私は、少しでも痩せようと自転車通勤をしたりジムに通ったりしたこともありました。しかし仕事が夜中になる日も多く、なかなか思うように体を動かすことが出来ずにいました。

 

そんな時期が続いていた時、ある仕事で1年間大きなストレスを受けることになったのです。それが切っ掛けで体調が悪化、血圧が急上昇してしまい病院に駆け込む事態になってしまいました。
その時の検査で分かったことが「高血圧」「高コレステロール」「高尿酸血症」、それに加えて「糖尿予備軍」ということでした。

 

とりあえず高血圧と高尿酸血症は急を要するため薬を処方してもらいましたが、その他に関しては「痩せれば戻せる」と言う事だったので、将来的なことも考えて徹底的な生活の見直しを始める決心をしました。
このような状況になっていなければ、自分の健康について真剣に考えることは無かったかもしれません。

 

それから何をしたのかというと、特別な事ではなく「運動と食事管理」という非常にシンプルな事です。
運動は通勤で使っていた自転車を利用し、室内でも出来るように器具を購入。1時間強を週6日行います。
食事は過剰に摂っていた脂ものと炭水化物を減らして野菜とタンパク質の割合を多くし、塩分や調味料も極力使わないようにしました。さらに間食も出来るだけ栄養素を含んだものを選ぶように心がけます。
基本的にこれだけで、ただこれをひたすら続けていくだけなのです。

 

これを続けた結果1年で13kg体重は落ち、コレステロール・尿酸・血糖も基準値まで下げることが出来ました。血圧は若干高めですが、安定して心配はない程度になっています。
今ではこの生活に慣れてしまったので止めることは無いでしょうし、このまま続けていれば生活習慣病の予防にもなると思っています。
運動と食事管理という本当にシンプルで基本的な方法ですが、健康回復・維持・予防には最強の方法だということを身をもって知りましたね。